恋愛運アップさせるおまじない|恋を実らせる術

効果を発揮する為に

手

月と塩の力を借りる

「苦しい時の神頼み」ということわざがあるように、日本では願掛けが浸透しています。おまじないもその一つです。おまじないとは、昔から伝わる呪術の一種です。呪術とは、神秘的な力を借りてその人の願いを叶えるというものです。世の中には多くのおまじないであふれています。しかし、効果がないものをむやみに行っても意味がありません。強力なおまじないを行う事で、良い効果を得る事ができます。では、強力なおまじないとはどのようなものでしょうか。おまじないは、神秘的な力を借りて自分の体内にある願望を外に出す事で願いが叶えられます。強力なおまじないでよく使われるのが、月と塩です。まず、月です。古来より神秘的な存在として崇められてきた月には、浄化の力があると言われています。月には満月、半月、三日月など、複数の形が存在します。その中でも強力なのが満月です。満月は月が持つ神秘的な力と浄化する力が最大限に発揮されます。満月が出た日は、願い事を白い紙に書き、満月の光に照らすようにしてください。こうすることで邪気を払い、神秘的な力を得る事ができます。次に、塩です。昔から塩は災い、邪気を祓うものとして使われてきました。自分の体内にあるストレス、毒を出すことで願いを叶えやすくします。まず、ティッシュに今抱えている問題を書き、塩をのせます。塩と一緒にティッシュをたたみ、ライターで火をつけて燃やします。燃やした後に出たカスは不浄のものを流してくれるトイレに流します。